印刷技術はどのようにうまれたか

印刷という技術を生み出した人ってすごいですよね。この技術がなければ、今頃、本なんてものはないでしょう。本がなければ、学校で教科書を使って勉強することもできないです。本がなければ、法律を全国で共有することも難しかったでしょう。私たちの生活に必要不可欠な、印刷という技術は、どのようにして生まれたのでしょうか。中国では7世紀くらいにこの技術が生まれ、そして行われていたといわれています。そしてヨーロッパでは1450年頃にさらに進化した技術が開発されて、そこから急速に広まりました!その後も世界中で優れた技術がどんどん開発されていきました。

宗教とともに印刷技術が成長した

日本ではといいますと、仏教の信仰を広めるための書物をつくるために、木版印刷が主流となりました。日本の技術は、宗教とともに成長したと考えても良いですね。仏教の信仰を自分だけでなく、まわりの人々にも広める活動のために、自分が持っている書物と同じ書物を周りの人々にも所有してもらう必要があったのです。自分が所有しているものと同じ書物を他人にも配るために全てのページを手書きで書いていたら時間がかかりすぎてしまいます。そこで、印刷という技術が採用されたのです。その後も、ヨーロッパからキリスト教という信仰とともに、新しい技術も採用されました。

新着情報

2014-11-20 チラシ印刷の良い所が追加されました。
2014-11-20 名刺印刷を簡単注文が追加されました。
2012-10-05 木版印刷のことを知るが追加されました。
2012-10-05 活版印刷を知ろうが追加されました。
2012-10-05 印刷がたどった進歩が追加されました。

技術の進化の情報


過去の情報一覧