トップ >> 木版印刷についてのこと

木版印刷の歴史についてのこと

アジアで開発された木版印刷という方法は、そのようなものなのでしょうか?この方法は、木の板に文章などを彫って版をつくるというものです。この方法は製版という呼び方をされることもあります。この方法は印刷の技術の中で最も古い技術のようです。半に墨汁や絵の具などを塗って、紙をあて、上から馬楝で刷るというものです。この技術ではいろいろな色を刷ることも可能です。主にアジア圏で発展していったこちらの方法。14世紀ごろにヨーロッパでも木版がつかわれていたとみられますが、これはアジアで発展した技術が広まったものとみられています。

木版印刷にまつわるビジネス

木版をつかった印刷によって、さまざまなビジネスが行われていました。まずは木の板を売るという商売がありました。そして、木の板に文字を彫って版をつくるという職人が居ました。情報が新しくなると、木版を作りなおして再び刷る必要があったために、木版を修正するという職人もいました。この印刷という技術の歴史や、それにまつわるビジネスは、木版から始まったのです。つまり、現代の私達のくらしには、木版という技術の歴史は外すことができない歴史であると言えます。この技術があるおかげで今の私達の生活は成り立っているのです。

技術の進化の情報